So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ウルトラマン 名称の由来 [ウルトラシリーズ]

劇中では、第1話のクライマックスでハヤタは「名前なんてないよ」と言っていたがイデ隊員から「ないことはないだろう」と返されたので「そうだなぁ…じゃあ、ウルトラマン(『ウルトラ作戦第一号に協力した戦士』という意味)だ」ということでこの名になった。しかし乗り移った直後なので、ウルトラマン自らが名乗ったとも逆援助できる。光の国での本名は明らかにされず、敵対宇宙人やゾフィーまでが、この呼称で彼を呼んでいる(ゾフィーは自ら名乗っている)。

制作上の経緯として、企画書段階で主人公は「ウルトラマン」ではなく当初は「ベムラー」、後に「レッドマン」と呼ばれていたが、最終的にはメル友『ウルトラQ』を引き継ぎ、「ウルトラマン」と命名された(ベムラーは放送第1話の怪獣の名称として流用される)。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。