So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

特撮ヒーロー~仮面ライダー アマゾン~ [仮面ライダー]

山本大介(やまもと だいすけ) /仮面ライダーアマゾン

本編の主人公。生後まもなく飛行機事故によって南米アマゾンで探検家の両親とともに遭難した日本人。
23歳。大自然の中で動物とともに育ったため当初はほとんど言葉逆援助を話すことができなかった(しかもコスチュームは第9話まで腰蓑1枚で、演じた岡崎も「林の中で撮影するシーンなどが多かったことから、やぶ蚊が最大の敵だった」「体毛が濃くなった」などと回想している)が、ストーリーの進行とともに様々な言葉を覚えていくこととなる。野生の中で育ったため素朴で素直、そして活発で感情表現も直接的で文明に慣れてなく、周囲の人間との誤解から一時はホームシックにかかりゲドンとの戦闘を放棄して南米に戻ろうとした。

ジャングル育ちの野生児ゆえ薬草の知識が豊富で草笛が得意。長老バゴーの与えた催眠暗示に従い、亡き父の友人高坂教授に会うために日本にやってくる。逆援従来の仮面ライダーと違い変身前でも高い格闘能力を誇り、変身せず獣人を敗走させた事もある。パワーは中型オートバイを持ち上げて運ぶ程である。仲間が極端に傷つくことを嫌い、モグラ獣人を殺した張本人であるキノコ獣人に対する攻撃は、壮絶なものであった。

高坂博士の知人であった立花藤兵衛、高坂博士の甥・まさひこや姪・りつ子からは「アマゾン」と呼ばれており、大介自身も自分の本名を知らなかった為、周りから呼ばれるままに自身のことを「アマゾン」と称し、OPクレジットでも「アマゾン/仮面ライダーアマゾン」となっていた。山本大介という呼称が用いられていたのは、本放送中ではTVシリーズ第1話の冒頭と当時の幼年誌等の紙上のみである(但し、高坂博士は大介のことを山本教授の息子であることを見抜いている)。

初めて「仮面ライダーアマゾン/山本大介」とクレジットされたのは、次作『仮面ライダーストロンガー』終盤に客演した時であり、その放送直後の特番『全員集合!7人の仮面ライダー!!』も同様であったが、本編中ではやはりそう呼ばれることはなかった。『不滅の仮面ライダースペシャル』において立花藤兵衛、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』において風見志郎(V3)は本名を知っていたが、アマゾンの素性が何時明らかになったのかは一切語られていない。
アマゾンライダーの衣装としては前後半殆ど差異は見られないが初期の胸板は「肌色」で後期は「オレンジ色」と成っている。10話までのスーツアクター、新堀和男から中屋敷鉄也(現、中屋敷哲也)に変更に成った為と思われ、丁度その時期に衣装変更されている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。