So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ウルトラマンのデザイン・造形

ウルトラマンのデザインは、前作『ウルトラQ』でも怪獣や宇宙人のデザイン、セットの美術デザインを依頼された彫刻家の成田亨が担当した。デザインにまつわるエピソードや、造形の違いによるバリエーションの詳細については成田の項目を参照。

造形は目立つところで2度モデルチェンジが行われており、一般にはAタイプ、Bタイプ、Cタイプと呼ばれて区別されている。マスクと共にスーツのデザインも変更されており、特にBタイプ以降はそれまでに比べて胸部がボリュームアップされ筋肉質のメル友となっている。実際には撮影に伴う劣化などのために何回かマイナーチェンジがおこなわれ、3タイプだけでは区切れない細部の変更が認められる。
手袋には手術用の薄手のゴム素材のものが用いられ、ブーツとスーツの継ぎ目はやはりゴム素材で巻かれ、ともに装着後スーツと同色に塗装することで、視聴者に「人が着ぐるみを着て演じている」印象を薄める処理がなされている。

ウルトラマンのスーツはゴム素材を使っているため、経年劣化による傷みが激しく、数年以上完全な形で保存することができない。そのため、後のウルトラシリーズの各番組や映画、またイベントや展示、CM撮影に使用されるスーツは、数年毎に新調されたものが使われている。作品のメル友が終了した後もこうして多くのスーツが作られ、またこれらは基本的に手造りであるため、細部の異なったさまざまなバリエーションのスーツが存在することになった。その多くはCタイプを基本にしていると思われるが、スーツは中に入る演技者の体型に合わせて製作されるため、身長の違いによるバリエーションが最も大きい。

ウルトラマン 名称の由来 [ウルトラシリーズ]

劇中では、第1話のクライマックスでハヤタは「名前なんてないよ」と言っていたがイデ隊員から「ないことはないだろう」と返されたので「そうだなぁ…じゃあ、ウルトラマン(『ウルトラ作戦第一号に協力した戦士』という意味)だ」ということでこの名になった。しかし乗り移った直後なので、ウルトラマン自らが名乗ったとも逆援助できる。光の国での本名は明らかにされず、敵対宇宙人やゾフィーまでが、この呼称で彼を呼んでいる(ゾフィーは自ら名乗っている)。

制作上の経緯として、企画書段階で主人公は「ウルトラマン」ではなく当初は「ベムラー」、後に「レッドマン」と呼ばれていたが、最終的にはメル友『ウルトラQ』を引き継ぎ、「ウルトラマン」と命名された(ベムラーは放送第1話の怪獣の名称として流用される)。


ウルトラマン 変身時間 その2

カラータイマーはデザイン上の要請とは無関係に考案されたものであり、デザイン担当の成田亨はこれを嫌い、自身が作成したウルトラマンの絵画や塑像にはカラータイマーをつけていない事が多い(国道4号線に設置された青森県立美術館の案内看板に使用されているイラストにはカラータイマーを描いている)。また、ウルトラマンの変身・巨大化時の右手を宙空に突き上げたポーズの逆援ではカラータイマーがついていないように見える。しかし、劇中であまりにも印象的であったので、ウルトラマンに不可欠なデザイン上の特徴として以後のウルトラシリーズに継承されるのみならず、他の類似作品にまで大きな影響を与えた。

なぜ制限が3分間であるかについては、円谷プロの満田かずほ監督によれば、30分番組の1割に当たる3分間という事とともに、当時の時代背景が大きくメル友しており、ボクシングにおける1ラウンドの試合時間や、チキンラーメンの調理における待ち時間、長嶋茂雄の背番号などからヒントを得たとしている。

変身時間 その1

ウルトラマンの地球上での活動時間は設定上は3分間であり、その限界は胸のカラータイマーによって示される。変身してから2分10秒経つと、カラータイマーの光が青から赤に変わり、警告音とともに点滅する。さらにエネルギーが少なくなると音が甲高くなり、音と点滅の速度が上がる。エネルギーを使い果たした時は、ナレーションでは「二度と再び立ち上る力を失ってしまう」と説明されるが、童貞するのか、後のウルトラ戦士のように消滅するだけなのかは、描かれていない。劇中でも具体的な制限時間は述べられていないが、第7話でアントラーとの戦いの終盤、「あと30秒だ」というイデ隊員のセリフがある。「3分間」がナレーションで明言されるのは『帰ってきたウルトラマン』の第1話においてである。

当初のデザインではカラータイマーは存在しておらず、カラータイマーと変身時間の制限は、撮影費用のかかる特撮部分の経費削減のため、およびウルトラマンが完全無欠のヒーローでありすぎると話に面白みが欠けるので、子どもにも判りやすい弱点を作ろうということで導入されたといわれている。カラータイマーの点滅については、当時主流であった白黒テレビを考慮しての面が大きい。


本編以外で見られる能力

ウルトラの星作戦(スパークロック)
『帰ってきたウルトラマン』にゲスト出演した際に、ウルトラセブンと共に使用した技。2人で体を交差させてエネルギー域を作り出す。ナックル星人に捕らえられた新マン(ウルトラマンジャック)を蘇生させた。

ウルトラセパレーション
映画『甦れ!ウルトラマン』で、各地に同時出現した怪獣たちを倒すために使った新技。5人に分身し、それぞれが各地に飛んで怪獣と戦う。

マリンスペシウム光線
映画『甦れ!ウルトラマン』で童貞相談した、スペシウム光線の威力を強化させた7色の光線。ゼットンを倒した。

エネルギーを与える光線(名称不明)
『ウルトラマンティガ』第49話で、円谷英二監督の想いが実体化して現れたウルトラマンがヤナカーギーに苦戦するティガにエネルギーを与えた光線。

ファイナルクロスシールド
映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』で、Uキラーザウルスとヤプールの怨念を封印するためにウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンAと共に使った大技。この技を使った後は短時間しか変身できなくなる。

エネルギー照射
映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』で、セブン、ジャック、Aと共に使った能力。宇宙人連合に捕らえられたメビウスに、4方向からエネルギーを与えた。童貞のティガにエネルギーを与えた光線とは別の技。

結界
『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』で使用した、付近一帯に怪獣を寄せ付けなくする結界。レイブラッド星人に肉体を封印された状態で使用し、自らの命を削りながらも人間を守っていた。

ウルトラマンの能力 その3

巨大化能力
ダダの縮小光線銃で人間と等身大にされた際に使い、変身時と同じプロセスで再度巨大化した。

空中体当たり
高速飛行しながら空中の敵に体当たりする。ガマクジラとスカイドンを倒した。第14・34話では激突時の飛行ポーズが異なる(ガマクジラの時には頭から突っ込んでいるが、スカイドンの際には童貞の飛びポーズ人形を使った)。

ウルトラチョップ
手刀で相手を殴打する。敵目掛けて走り、すれ違いざまにチョップを決める「ウルトラ霞斬り」という応用技もあり、ジラースを倒した。

ウルトラパンチ
敵の弱点を見極めて打ち込むパンチ技で、インド象50頭分の威力がある。

ウルトラキック
足にパワーを集中して素早く打ち込むキック技。ウルトラマンの関節は「三重関節」と呼ばれ、キック等の威力が数百倍になる。

ウルトラスウィング
敵を掴んで振り回し、放り投げる。他にも、レッドキングやテレスドンを倒した背負い投げ、ケロニアにダメージを与えた巴投げ、岩石落としがある。

防御能力
シリーズ中に登場する宇宙人、怪獣の中ではかなり高い防御力を誇り、特に熱に対しては無類の強さを誇る。跳ね返されたスペシウム光線を受けても軽傷で済んだ上に、原子爆弾の爆発に巻き込まれても殆どダメージを受けなかった。化学的な耐食性も高く、アボラスの溶解泡を浴びても多少不快に感じる無料出会いの被害で済んでおり、あっさりと弾き散らしてしまった。電撃に対しても耐性があるようで、ネロンガの電撃を胸に受けても平然としていたほか、「ウルトラマンメビウス」に客演した時にも、メフィラス星人の電撃を弾いている。

ウルトラマンの能力 その2

ウルトラアイスポット(ウルトラ眼光)
両目から放つ光線。バルタン星人(2代目)の光波バリヤーを無効化した。

スラッシュ光線
掌を合わせて連続発射する矢尻状の光線。第33話で使ったが、メフィラス星人の光線に相殺された。

キャッチリング(金縛り光線)
相手の動きを封じるための光線。高速スピンを行いながら発射した光の鎖で敵を締めつける。ゼットンに使ったが、火球でスピンを止められ、引きちぎられた。

リバウンド光線(ウルトラバリヤー)
手の先から発するエネルギーで光の壁を空中に描き、攻撃を跳ね返す。ジェロニモンの無重力光線を跳ね返した。

ウルトラ念力
強力な念力を放って物体を粉砕したり、静止させる能力。ウルトラアタック光線と併用してケロニアを粉砕し、ジェロニモンが放った大量の羽根手裏剣を止めた。

ウルトラエアキャッチ(ウルトラ反重力光線)
両手から放つウルトラ念力の一種で、手を触れずに敵を空中に浮かばせることができる光線。そのまま地面へ叩きつけることもでき、第25話でレッドキング(2代目)に使った。第38話ではスペシウム光線や八つ裂き光輪の効かないキーラを、渦巻状の光線を放つ童貞版のウルトラサイコキネシスで空中に吹き飛ばして爆発させた。

ウルトラ水流
両手を組み合わせ、指先から高圧の水を放出する技。ペスターが起こした石油コンビナートの大火災を鎮火するために使った。また、水を弱点とするジャミラに浴びせて倒したこともある。

ハイスピン
体を高速回転させる能力。ブルトンが作り出す四次元空間から脱出した。

テレポーテーション
異なる星に瞬時に移動する能力で、自身の寿命を著しく縮める。第16話で使用。

光線白刃取り
第31話でケロニアの光線を両手で受け止めて防いだ技。

飛行能力
大気圏内だけでなく宇宙空間を自由に飛行する能力を持っている。童貞圏内での飛行速度はマッハ5(初期の設定ではマッハ3)。超光速で飛行する時は赤い光の玉に変身する(第1話)。

ウルトラマンの能力 その1

スペシウム光線
ウルトラマンの使用する代表的な必殺技。腕を十字形に左右の手刀を交差させて右手から発射する破壊光線。右腕にマイナス、左腕にプラスのエネルギーが蓄えられ、それをスパークさせて発射すると設定されている。相手を爆破または炎上させる効果がある。決まり手として多用される一方、通用しなかった敵も数体いる。[14]連射も可能。大きな破壊力を持つ一方、これを使用すると大量のエネルギーを消費するという。ただし、前述のように連射している場面もあるため、必ずしもエネルギーを大量消費するわけではない。この光線には火星に存在しバルタン星人が苦手とする架空の物質スペシウムが含まれているとされ、劇中では第2話でフジ隊員が命名した。「スペシウム」の名称は「スペース(宇宙)」+「イウム(「物質」を意味する接尾語)」から成り、命名およびポーズの考案は脚本・監督の飯島敏宏。飯島によれば十字ポーズは忍者が手裏剣を投擲する際の動作が元になっているとのことである。

八つ裂き光輪(ウルトラスラッシュ)
スペシウム光線のエネルギーをリング状に丸めたもので、外周にのこぎり状態の突起がある。相手の体を切断するために用いられる。まず両手を胸の前に水平に構えた後、挙げた右手を振り下ろす動作で投げるように発射される。第16話でバルタン星人(2代目)に対して初使用。空中で2つに分離してレッドキング(2代目)を3つに切り裂いたこともある。投げ返されたり、バリアーに防がれるなど在宅しないことも多い。「ウルトラマンメビウス」以降の作品へのゲスト出演時にもたびたび使用され、その際には高速追尾機能を追加したり、左手に発生させて直接斬りつけて頑丈なキングジョーブラックの腕を切断したりと、特殊な使用例を見せている。

ウルトラアタック光線
両腕先に発生させたエネルギーを右腕に誘導してからリング状の光線にして放ち、相手を硬直させたのち粉砕する技。劇中では第31話でケロニアを倒したのが唯一の使用例である。資料によっては火に弱い敵に有効な熱線(最も一般的な説である)、または童貞を麻痺させる光線でとどめの爆発は念力によるなどの説明もあるが、シナリオによればリング状光線から相手の爆発まで一連の技である。

透視光線
両目から放って透明な敵を発見したり、壁の向こう側を見通す光線。バルタン星人(初代)の宇宙船や、透明化したダダを発見するために使った。

ウルトラアイスポット(ウルトラ眼光)
両目から放つ光線。バルタン星人(2代目)の光波バリヤーを無効化した。

特撮 ウルトラマンの能力 [ウルトラシリーズ]

ウルトラマンは普通の人間には無い特殊な能力を持っており、それぞれ固有の乱交が付けられている。その中には作品制作当時に超能力と考えられていたものや、作品のために考案された殺傷能力や防御能力を持つ逆援助の光線、単に通常の人間が格闘技で使う既存の技が含まれている。その名称は書籍や年代によってばらつきがあったが、近年は円谷プロの監修で統一されている。劇中で名称が明言されたのは「スペシウム光線」と「テレポーテーション」のみで、他は(命名時期に時差はあるが)全て後付である。この技の一部は後のウルトラマン達も使っており、『新世紀ウルトラマン伝説』によると、全ウルトラマンの光線技の原点とされ、総てのウルトラマンがその構えをしている。

特撮 ウルトラマン 変身方法 [ウルトラシリーズ]

ハヤタがウルトラマンに変身する際には「ベータカプセル」という携帯用懐中電灯状のセフレを使用する。ハヤタが逆援助の赤いボタンを押すとフラッシュビームと呼ばれる光が発生してハヤタの周りを渦巻き状に包みこみウルトラマンに変身する。変身・巨大化時のポーズは‘右手を宙空に突き上げ、左手は顔の隣におく’という独特の形であり、ウルトラマンを特徴づけるポーズとして以降の作品でも踏襲される。最終話でウルトラマンはハヤタと分離したが、後発のウルトラシリーズで姿を見せた時はハヤタの姿を借り、同じ変身方法を採っている。

書籍設定では、フラッシュビームにM78星雲人の生命の源である人工太陽プラズマスパークと同じエネルギーが含まれ、この光によってウルトラ族の姿を一定時間取り戻すことができるとされている。また、番組放映当時の資料等には太陽光に含まれるベーター線との記述もある。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。