So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

特撮ヒーロー 仮面ライダー龍騎 [仮面ライダー]

城戸 真司(きど しんじ) / 仮面ライダー龍騎
本作の主人公。23歳。モバイルニュース配信会社「OREジャーナル」の記者見習い。行方不明事件の調査を行っている際、榊原耕一のアパートでカードデッキを拾ったことから、巻き込まれる形でミラーワールドやライダーの戦いを知り、逆援から人を守るために仮面ライダーとなる。いたって普通の感覚を持つ一般的な青年だが、単細胞かつ天然で若干不器用。しかし強い正義感と行動力の持ち主であり、何にでも首を突っ込まないと気が済まない童貞で、彼を知る人物からは尊敬・侮蔑両方の意味を込めて「バカ」と呼称される。当初はアパートに住んでいたが家賃滞納で追い出され、一時職場である事務所に住み着き、その後沙奈子に気に入られ「仕事が休みの時は店を手伝う」という条件で、蓮とともに花鶏に居候することになる。変身後、「っしゃあ!」と気合を入れる癖がある。バイクはホンダ・ズーマーを乗用。料理が得意で、中でも餃子は料理の腕において一流である吾郎がレシピを聞きたがるほどだった。

仮面ライダー アギト [仮面ライダー]

津上 翔一(つがみ しょういち)/仮面ライダーアギト
「既に仮面ライダーである男」。21歳。4月1日生まれ。2001年9月27日[3]、記憶を失って倒れていたところを保護され、心理学者・美杉義彦の家に居候している青年。変身ベルト・オルタリングにより仮面ライダーアギトに変身する。童貞で脳天気且つ少々天然ボケ気味な性格であり、しばしば駄洒落を言って周囲を閉口させる。普段は家逆援や美杉家の家事に勤しんでいる。記憶喪失前は調理師学校に通っていたため、特技は料理。しかし、周囲の人が食べたがらないような創作料理を作ることも多い。魚の口に小指を入れるだけで新鮮なものを選ぶ特技を持つ。アンノウンを察知する能力を有している。自身がアギトであることは絶対の秘密にしているつもりはないが、あまりに浮世離れした言動が多いため、実際に変身を目撃されない限りアギトだと信じてもらえない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。