So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
- | 次の30件

変身時間 その1

ウルトラマンの地球上での活動時間は設定上は3分間であり、その限界は胸のカラータイマーによって示される。変身してから2分10秒経つと、カラータイマーの光が青から赤に変わり、警告音とともに点滅する。さらにエネルギーが少なくなると音が甲高くなり、音と点滅の速度が上がる。エネルギーを使い果たした時は、ナレーションでは「二度と再び立ち上る力を失ってしまう」と説明されるが、童貞するのか、後のウルトラ戦士のように消滅するだけなのかは、描かれていない。劇中でも具体的な制限時間は述べられていないが、第7話でアントラーとの戦いの終盤、「あと30秒だ」というイデ隊員のセリフがある。「3分間」がナレーションで明言されるのは『帰ってきたウルトラマン』の第1話においてである。

当初のデザインではカラータイマーは存在しておらず、カラータイマーと変身時間の制限は、撮影費用のかかる特撮部分の経費削減のため、およびウルトラマンが完全無欠のヒーローでありすぎると話に面白みが欠けるので、子どもにも判りやすい弱点を作ろうということで導入されたといわれている。カラータイマーの点滅については、当時主流であった白黒テレビを考慮しての面が大きい。


本編以外で見られる能力

ウルトラの星作戦(スパークロック)
『帰ってきたウルトラマン』にゲスト出演した際に、ウルトラセブンと共に使用した技。2人で体を交差させてエネルギー域を作り出す。ナックル星人に捕らえられた新マン(ウルトラマンジャック)を蘇生させた。

ウルトラセパレーション
映画『甦れ!ウルトラマン』で、各地に同時出現した怪獣たちを倒すために使った新技。5人に分身し、それぞれが各地に飛んで怪獣と戦う。

マリンスペシウム光線
映画『甦れ!ウルトラマン』で童貞相談した、スペシウム光線の威力を強化させた7色の光線。ゼットンを倒した。

エネルギーを与える光線(名称不明)
『ウルトラマンティガ』第49話で、円谷英二監督の想いが実体化して現れたウルトラマンがヤナカーギーに苦戦するティガにエネルギーを与えた光線。

ファイナルクロスシールド
映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』で、Uキラーザウルスとヤプールの怨念を封印するためにウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンAと共に使った大技。この技を使った後は短時間しか変身できなくなる。

エネルギー照射
映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』で、セブン、ジャック、Aと共に使った能力。宇宙人連合に捕らえられたメビウスに、4方向からエネルギーを与えた。童貞のティガにエネルギーを与えた光線とは別の技。

結界
『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』で使用した、付近一帯に怪獣を寄せ付けなくする結界。レイブラッド星人に肉体を封印された状態で使用し、自らの命を削りながらも人間を守っていた。

ウルトラマンの能力 その3

巨大化能力
ダダの縮小光線銃で人間と等身大にされた際に使い、変身時と同じプロセスで再度巨大化した。

空中体当たり
高速飛行しながら空中の敵に体当たりする。ガマクジラとスカイドンを倒した。第14・34話では激突時の飛行ポーズが異なる(ガマクジラの時には頭から突っ込んでいるが、スカイドンの際には童貞の飛びポーズ人形を使った)。

ウルトラチョップ
手刀で相手を殴打する。敵目掛けて走り、すれ違いざまにチョップを決める「ウルトラ霞斬り」という応用技もあり、ジラースを倒した。

ウルトラパンチ
敵の弱点を見極めて打ち込むパンチ技で、インド象50頭分の威力がある。

ウルトラキック
足にパワーを集中して素早く打ち込むキック技。ウルトラマンの関節は「三重関節」と呼ばれ、キック等の威力が数百倍になる。

ウルトラスウィング
敵を掴んで振り回し、放り投げる。他にも、レッドキングやテレスドンを倒した背負い投げ、ケロニアにダメージを与えた巴投げ、岩石落としがある。

防御能力
シリーズ中に登場する宇宙人、怪獣の中ではかなり高い防御力を誇り、特に熱に対しては無類の強さを誇る。跳ね返されたスペシウム光線を受けても軽傷で済んだ上に、原子爆弾の爆発に巻き込まれても殆どダメージを受けなかった。化学的な耐食性も高く、アボラスの溶解泡を浴びても多少不快に感じる無料出会いの被害で済んでおり、あっさりと弾き散らしてしまった。電撃に対しても耐性があるようで、ネロンガの電撃を胸に受けても平然としていたほか、「ウルトラマンメビウス」に客演した時にも、メフィラス星人の電撃を弾いている。

ウルトラマンの能力 その2

ウルトラアイスポット(ウルトラ眼光)
両目から放つ光線。バルタン星人(2代目)の光波バリヤーを無効化した。

スラッシュ光線
掌を合わせて連続発射する矢尻状の光線。第33話で使ったが、メフィラス星人の光線に相殺された。

キャッチリング(金縛り光線)
相手の動きを封じるための光線。高速スピンを行いながら発射した光の鎖で敵を締めつける。ゼットンに使ったが、火球でスピンを止められ、引きちぎられた。

リバウンド光線(ウルトラバリヤー)
手の先から発するエネルギーで光の壁を空中に描き、攻撃を跳ね返す。ジェロニモンの無重力光線を跳ね返した。

ウルトラ念力
強力な念力を放って物体を粉砕したり、静止させる能力。ウルトラアタック光線と併用してケロニアを粉砕し、ジェロニモンが放った大量の羽根手裏剣を止めた。

ウルトラエアキャッチ(ウルトラ反重力光線)
両手から放つウルトラ念力の一種で、手を触れずに敵を空中に浮かばせることができる光線。そのまま地面へ叩きつけることもでき、第25話でレッドキング(2代目)に使った。第38話ではスペシウム光線や八つ裂き光輪の効かないキーラを、渦巻状の光線を放つ童貞版のウルトラサイコキネシスで空中に吹き飛ばして爆発させた。

ウルトラ水流
両手を組み合わせ、指先から高圧の水を放出する技。ペスターが起こした石油コンビナートの大火災を鎮火するために使った。また、水を弱点とするジャミラに浴びせて倒したこともある。

ハイスピン
体を高速回転させる能力。ブルトンが作り出す四次元空間から脱出した。

テレポーテーション
異なる星に瞬時に移動する能力で、自身の寿命を著しく縮める。第16話で使用。

光線白刃取り
第31話でケロニアの光線を両手で受け止めて防いだ技。

飛行能力
大気圏内だけでなく宇宙空間を自由に飛行する能力を持っている。童貞圏内での飛行速度はマッハ5(初期の設定ではマッハ3)。超光速で飛行する時は赤い光の玉に変身する(第1話)。

ウルトラマンの能力 その1

スペシウム光線
ウルトラマンの使用する代表的な必殺技。腕を十字形に左右の手刀を交差させて右手から発射する破壊光線。右腕にマイナス、左腕にプラスのエネルギーが蓄えられ、それをスパークさせて発射すると設定されている。相手を爆破または炎上させる効果がある。決まり手として多用される一方、通用しなかった敵も数体いる。[14]連射も可能。大きな破壊力を持つ一方、これを使用すると大量のエネルギーを消費するという。ただし、前述のように連射している場面もあるため、必ずしもエネルギーを大量消費するわけではない。この光線には火星に存在しバルタン星人が苦手とする架空の物質スペシウムが含まれているとされ、劇中では第2話でフジ隊員が命名した。「スペシウム」の名称は「スペース(宇宙)」+「イウム(「物質」を意味する接尾語)」から成り、命名およびポーズの考案は脚本・監督の飯島敏宏。飯島によれば十字ポーズは忍者が手裏剣を投擲する際の動作が元になっているとのことである。

八つ裂き光輪(ウルトラスラッシュ)
スペシウム光線のエネルギーをリング状に丸めたもので、外周にのこぎり状態の突起がある。相手の体を切断するために用いられる。まず両手を胸の前に水平に構えた後、挙げた右手を振り下ろす動作で投げるように発射される。第16話でバルタン星人(2代目)に対して初使用。空中で2つに分離してレッドキング(2代目)を3つに切り裂いたこともある。投げ返されたり、バリアーに防がれるなど在宅しないことも多い。「ウルトラマンメビウス」以降の作品へのゲスト出演時にもたびたび使用され、その際には高速追尾機能を追加したり、左手に発生させて直接斬りつけて頑丈なキングジョーブラックの腕を切断したりと、特殊な使用例を見せている。

ウルトラアタック光線
両腕先に発生させたエネルギーを右腕に誘導してからリング状の光線にして放ち、相手を硬直させたのち粉砕する技。劇中では第31話でケロニアを倒したのが唯一の使用例である。資料によっては火に弱い敵に有効な熱線(最も一般的な説である)、または童貞を麻痺させる光線でとどめの爆発は念力によるなどの説明もあるが、シナリオによればリング状光線から相手の爆発まで一連の技である。

透視光線
両目から放って透明な敵を発見したり、壁の向こう側を見通す光線。バルタン星人(初代)の宇宙船や、透明化したダダを発見するために使った。

ウルトラアイスポット(ウルトラ眼光)
両目から放つ光線。バルタン星人(2代目)の光波バリヤーを無効化した。

特撮 ウルトラマンの能力 [ウルトラシリーズ]

ウルトラマンは普通の人間には無い特殊な能力を持っており、それぞれ固有の乱交が付けられている。その中には作品制作当時に超能力と考えられていたものや、作品のために考案された殺傷能力や防御能力を持つ逆援助の光線、単に通常の人間が格闘技で使う既存の技が含まれている。その名称は書籍や年代によってばらつきがあったが、近年は円谷プロの監修で統一されている。劇中で名称が明言されたのは「スペシウム光線」と「テレポーテーション」のみで、他は(命名時期に時差はあるが)全て後付である。この技の一部は後のウルトラマン達も使っており、『新世紀ウルトラマン伝説』によると、全ウルトラマンの光線技の原点とされ、総てのウルトラマンがその構えをしている。

特撮 ウルトラマン 変身方法 [ウルトラシリーズ]

ハヤタがウルトラマンに変身する際には「ベータカプセル」という携帯用懐中電灯状のセフレを使用する。ハヤタが逆援助の赤いボタンを押すとフラッシュビームと呼ばれる光が発生してハヤタの周りを渦巻き状に包みこみウルトラマンに変身する。変身・巨大化時のポーズは‘右手を宙空に突き上げ、左手は顔の隣におく’という独特の形であり、ウルトラマンを特徴づけるポーズとして以降の作品でも踏襲される。最終話でウルトラマンはハヤタと分離したが、後発のウルトラシリーズで姿を見せた時はハヤタの姿を借り、同じ変身方法を採っている。

書籍設定では、フラッシュビームにM78星雲人の生命の源である人工太陽プラズマスパークと同じエネルギーが含まれ、この光によってウルトラ族の姿を一定時間取り戻すことができるとされている。また、番組放映当時の資料等には太陽光に含まれるベーター線との記述もある。

特撮 ウルトラマン プロフィール [ウルトラシリーズ]

ウルトラマン本人のプロフィールは、劇中で明らかにされてはいないが、雑誌記事等で詳細に設定されている。

身長:40メートル(『ウルトラマンタロウ』第40話のナレーションでは53メートル)
体重:3万5千トン
年齢:約2万歳(最終話での逆援より)
飛行速度:マッハ5
走行速度:時速450キロメートル
水中速度:200ノット
ジャンプ力:800メートル
腕力:10万トンタンカーを持ち上げる
キック力:320文の威力がある
職業:宇宙大学教授、宇宙警備隊銀河系局長(のちに支部長とセフレ
趣味:読書
家族構成
父:宇宙保安庁長官
母:ウルトラ学校の先生

特撮 ウルトラマン 誕生過程 [ウルトラシリーズ]

『ウルトラマン』の企画は、『ウルトラQ』に登場する怪獣が売り物のTV番組として逆援された。『ウルトラQ』が番組セールスおよび商品化で苦戦したため、販売促進のためテレビ局より以下の条件が円谷プロに乱交された。

連続して登場する主人公をつくる
怪獣を毎回登場させる
アメリカに売るためにカラーにする
ターゲットは子供(小、中学生)
制作費を前より安くする
円谷プロはこの条件に応じた。

一方、『ウルトラQ』で問題視された「怪獣が出てから正体を調べるシーンが長い」「主人公たちが一般人なので怪獣を倒すのが難しい」「一般人の主人公が毎回怪獣に遭遇するのは不自然」といった点を解決するために怪獣事件専門チームを主役にすることが提案された。

また円谷プロは東宝怪獣映画で既に怪獣に関するノウハウを蓄積しており、『ウルトラQ』のように人間が怪獣を倒しては、怪獣の人気が出ないことが解っていた。そこで円谷英二が「アメリカのスーパーマンのようなヒーローを」と提案した。

ここでフジテレビ用に企画されていた番組『Woo』における「人間に味方する友好的宇宙人の活躍」というアイデアが流用され、『科学特捜隊ベムラー』という企画書が作成された。この企画書では、「常識を越えた事件を専門に扱う科学特捜隊」とかれらに協力する正体不明の宇宙人ベムラーが設定されている。「飛行機事故で消息を絶った主人公がヒーローになって生還する」という設定はこの時点ですでに見られるが、主人公とベムラーの関係は企画書には明記されていない。

ベムラーの容姿は、日本の伝説上の生物・烏天狗を思わせるもので、関係者から「敵怪獣との区別がつきにくい」「ヒーローとしてのキャラクター性が弱い」との指摘がなされた。

そこで『ベムラー』企画は再検討され、新たに『科学特捜隊レッドマン』が企画されることとなった。この企画書では、正義の怪獣ではなく「甲冑を思わせるような赤いコスチューム」をまとった謎の男として設定されている。身長は2メートルから40メートルまで伸縮自在と設定されている。また、変身時間の制限も導入された。主人公とヒーローの関係についても「飛行機事故でサコミズを死なせた宇宙人レッドマンが責任を取ってサコミズの身体を借りる」と明記され、後の完成作品であるウルトラマンの設定の基本的な部分は出来あがっていた。その一方で、レッドマンはすでに故郷が他の惑星の侵略で滅亡していること、サコミズ本人はすでに死亡してその心はレッドマンであること、サコミズには人気歌手の恋人がいることなど、完成作品との相違部分もある。

レッドマンのデザインは幾分ヒーロー的になったものの、TBSの拵井巍プロデューサーはもっとシンプルでインパクトのあるデザインを要求。また前述のように本作はアメリカへのセールスを前提としており、アメリカの事情に詳しいTBSの大谷乙彦らが「今の形では外国人に受け入れられない。もっと無表情な鉄仮面のようなものの方が謎があっていい」と提案。こうして試行錯誤した結果、ウルトラマンのデザインが出来上がった。
タグ:特撮 乱交 逆援

特撮 ウルトラマン 製作背景 [ウルトラシリーズ]

劇中に登場する怪獣が売り物だった『ウルトラQ』に続く「空想特撮シリーズ」第2作で、『ウルトラQ』の世界観を継承する逆援として製作・放映された。本放送当時のスポンサーは現・武田薬品工業一社であった。 『ウルトラQ』で登場したセフレが視聴者に好評であったので、怪獣同士の戦いを主体とする番組が企画されたが、「誕生過程」の項で後述するような経緯をたどり『ウルトラマン』の企画となった。また前作同様、監修した円谷英二の知名度を利用して、海外に番組を販売することも計画されていた。

本作は、ほぼ同時期に放映された『マグマ大使』と共にカラーで放送されるテレビドラマの最初期の作品であり、その上、巨大な宇宙人を主人公とする大がかりな特撮中心のドラマは世界にも類例がないため、番組制作は苦難の連続だった。その一つに製作スケジュールの逼迫が挙げられる。前作の『ウルトラQ』は放映が遅れたので放送前に全話の撮影を終了させていたが、本作はスケジュール通りに放送しながら番組を作成していくことになった。一話の撮影には10日かかるため、毎週の放映に間に合わせる為に2班体制で平行して2本の作品を製作することになり、スケジュールに余裕を持たせる為に、放映に先立って9本分のストックが用意された。こうして放映が始まったが、スケジュールは次第に切迫し、3班撮影でも間に合わなくなってきた。番組の続行を望むTBS側とこれ以上の続行は不可能とする円谷プロとの間で協議が重ねられた結果、昭和42年1月の時点で3クール39話の放送で一旦終了することが決定した(製作体制の見直しが行われ、『ウルトラセブン』放送までの半年間、東映製作の『キャプテンウルトラ』が放映されることになった)。

特撮 ウルトラマン 時代設定 [ウルトラシリーズ]

当時の公式資料と『週刊少年マガジン』1966年31号(8月7日号)のウルトラマンのグラビアページの時代設定は「1975年ごろ」という記載がある。スタッフの童貞は近未来という程度で明確な合意はなく、第23話でジャミラの人妻に没年が1993年と記されていたり、最終回で“1930年代から40年以上”との台詞があるなど一定していない。

ただし、お正月のイベント編として唯一の前後編構成となった第26話・第27話では、1970年開催の大阪万博を絡めたり、劇中で「怪獣なんかいるわけない」「怪獣映画の見すぎ」という発言があったり、主人公に相当する子役少年がウルトラマンごっこでベータカプセルに見立てた棒でウルトラマンに変身しようとする(つまり、ハヤタがウルトラマンであることを知っている)など、明らかに通常の世界観とは違う「テレビ番組『ウルトラマン』のファンの少年がいる世界にウルトラマン・怪獣・科学特捜隊がやってきた」と解釈できる演出がなされている。
タグ:特撮 人妻 童貞

特撮 作品としてのウルトラマン [ウルトラシリーズ]

映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」。

前作『ウルトラQ』同様に、オープニングタイトルに『ウルトラQ』の童貞を用いるなど(但しBGMは若干アレンジしている)「ウルトラQ空想特撮シリーズ」と銘打って番組宣伝され、前評判からかなりの逆援があった。

『ウルトラQ』の世界観を引き継いだ続編で、怪獣や宇宙人によって起こされる災害や超常現象の解決に当たる科学特捜隊と、それに協力する宇宙人ウルトラマンの活躍を描く。


物語の骨子
M78星雲「光の国」の宇宙警備隊員であるウルトラマンは、宇宙の墓場へ護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラーを追って地球へやってきたが、科学特捜隊のハヤタ隊員の操縦する小型ビートルと衝突し、ハヤタを死亡させてしまう。責任を感じたウルトラマンは、ハヤタに自分の命を分け与えて一心同体となり、地球に留まる事を決意。 科学特捜隊が危機に直面した時、ハヤタはベータカプセルを使ってウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。
タグ:特撮 童貞 逆援

特撮 ウルトラマン 概要 [ウルトラシリーズ]

日本の巨大変身ヒーローの代名詞として高い知名度のある作品であり、日本においてその童貞を知らない人はほとんどいないと思われる。初放映から40年以上経った2009年現在でも世代を超えて根強い逆援を保ち、日本の特撮番組の基本フォーマットの一つとなっている。本作やそのキャラクターに関連する商品は、あらゆる分野で発売されている。

本放送当時の平均視聴率は30%を越え、最高視聴率は42.8%(1967年3月26日放送の第37話。ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した超人気番組だった。主題歌のシングル売上はミリオンセラーを記録した。放送終了後もその人気が衰えることはなく、最初に行われた再放送でも平均視聴率が18%台を記録した。前作『ウルトラQ』の実績を踏まえ、放映前にTBSは本作の商品化収入を74万円と見積もっていたが、関連商品が大ヒットし、商品化収入は1億5000万円に膨れ上がった。

本作以前は漫画原作が子供番組の基本であり出版社の権力が強かったが、テレビ局のオリジナル作品である本作が成功してから立場は逆転し、漫画原作でもテレビ局の意向が強く出るようになっていく。また「アニメでなければキャラクターにあらず」という当時の風潮をただし、実写キャラクターの価値を示した。

本作で特筆すべき点は日本のテレビ番組で初めて商品化権の入札制度を導入したことである。本作以前はテレビ局の担当者とコネがある業者が商品化権を取得していたが、本作以降は誰でも公平に商品化権取得の機会が与えられるようになった。もっとも実際の所は前作『ウルトラQ』を商品化したマルサン商店等の業者が優遇されており、本格的に入札制度が機能するのは次回作『キャプテンウルトラ』からである。

これは機会均等を生み出した一方で、資本力のある企業が商品化権を独占するという弊害を生み出した。第1期ウルトラから第3期ウルトラまでウルトラシリーズを商品化する会社はめまぐるしく変わり続け、最終的には玩具業界トップのバンダイにほぼ独占されるようになる。

もう一つの弊害として商品化権の契約金の高騰があげられる。激しい入札競争の結果、商品化するメーカーのリスクが増大し、マルサン商店、万創、ブルマァクなどウルトラシリーズに関与した会社のいくつかは倒産していくことになる

特撮 ウルトラマン [ウルトラシリーズ]

『ウルトラマン』は、円谷プロダクションが製作し、1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00 - 19:30に全39話が放送された特撮テレビ番組、およびその同人誌に登場する巨大変身ヒーローの名前。

また、『ウルトラマン』に続いて放送された一連の番組、およびその童貞の巨大変身ヒーローも「ウルトラマン」と総称される場合がある。

以降の作品と区別するために本作のウルトラマンを主に「初代ウルトラマン」「初代マン」「マン」と呼ぶ場合がある。

特撮 ウルトラQ 反響 [ウルトラシリーズ]

本作は大反響を呼び、ほとんどの放送回で視聴率30%台に乗る大人気セフレとなった。複数の社から発売された本作の童貞も初版3万枚が短期に完売し、最終的にはミリオンセラーを記録するヒットとなった[10]。 なお、本作品のBGMには音楽担当の宮内國郎が作曲した東宝映画「ガス人間第一号」の曲が流用されているが、特に怪獣登場シーンやクライマックスシーンに流れた曲はうってつけで、まさにウルトラQワールドに欠かせない名曲である。本作品後、宮内は『ウルトラマン』も引き続き音楽を担当する。

関連商品も好調で本作を商品化した各社は次作『ウルトラマン』の契約でも優遇された。怪獣のソフトビニール人形(ソフビ人形)は代表的なヒット商品となる。

1985年に全話、全カットを収録したフィルム・ブックス ウルトラQ(全7巻・絶版)が小学館より刊行され、平成になってから藤原カムイによって、基本的に原作に忠実な漫画化がされている。また「デジタル・ウルトラ・シリーズ」第3弾としてフィルム(放送用の16mm版)のデジタル修復とDVDソフト化が行われた。なお、LD版は本編の撮影に用いられた35mmから起こされたものをもとにしているので放送バーションとは違うが画質はDVD版よりもコントラストが高く高画質となっている。

TBSは次の番組企画も円谷プロに依頼していた。円谷プロ側がこれに応え、本作の基本構成に、常時怪獣と戦う組織と、怪獣を退治する巨大ヒーローを付加するという形で具体化させていったのが、結果として本作を上回る大人気番組となり、ウルトラシリーズを今日に至る長期コンテンツたらしめた記念碑的傑作『ウルトラマン』である。ちなみに前述の岡崎潔は厳重な機密保持のため企画段階の『ウルトラマン』には関与できなかったそうである。

特撮 ウルトラQ 商品化 [ウルトラシリーズ]

前述のように円谷プロは経営危機に陥っていた。市川利明は本作の人妻が金をつかいすぎることを岡崎潔に愚痴った。これは社長の円谷英二の方針でもあり、市川にはどうすることもできなかったのである。そこで岡崎はマーチャン(キャラクター商品開発)を提案した。当時はTBSの『オバケのQ太郎』の商品が売れている時期であり、岡崎は「童貞が売れるんだったら、怪獣だって何とかなりますよ」と説得した。市川は「怪獣なんかが売れますかねェ」と懐疑的だったものの契約することにした。

放映開始前に契約したのは集英社のみで『少年ブック』に連載が決まった。商品化を申し込む会社があまりに少なかったので、仕方なくキャラクター使用料率を商品価格の5%から3%に引き下げた。さらに放映開始後に本作は高視聴率を取ったが、それでも動く会社は少なかった。「いくら視聴率が高くて使用料率が低いといったって、まさかうちの商品にあんなグロテスクな怪獣なんてつけられやしませんからねえ…」というのが各業界の反応だった。

しばらくして極東ノート、昭和ノート、マルサン商店、増田屋斎藤貿易などが商品化を申し込んだので許諾したが、岡崎は「常連は殆んどソッポを向いた」と述べている。

岡崎によると「マンガに非ざれば、キャラクターに非ず」という当時の風潮が拒絶された原因だとしている。

特撮 ウルトラQ 制作 [ウルトラシリーズ]

元々の企画は高価なオプチカル映像合成機を生かす作品の制作ということだった。そのアプリは、当時まだ世界に二台しかない米・オックスベリー社製のもので、この作品の企画が誕生する以前に、フジテレビと円谷プロによるアメリカとの合作を前提とした作品の為に円谷英二が逆援助していた(先約方が「世界のツブラヤ」たっての頼みという事で折れたという逸話が伝えられている)ものの、その企画がお蔵入りしてしまい、キャンセルしようとしたがすでに船便で日本へ向かっている最中だった。円谷プロが自腹で購入するにはあまりに高額で不可能であったが、当時TBSのディレクターであった円谷一の口添えでTBSが購入を肩代わりする事になり、それを使った特撮ドラマを円谷プロで製作するという契約が結ばれ、本作品の制作が行われた。もちろんTBS側にも成算は一応あり、本作は「世界のツブラヤ」の知名度を生かして、海外販売されることが前提とされた。

本作品はこの機械を活用するために劇場映画用と同じ35mmフィルムで撮影された。テレビ映画は通常16mmフィルムを使用するが、当時映画界からの要請で(映画との差別化のために)、テレビ局には35mmテレシネ用プロジェクターを導入出来なかった。しかし、円谷英二は「16mmのクォリティでは特撮は出来ない」と言い、その代わりに放映用フィルムとして16mmに縮小するという手法が採られた。

当初は『UNBALANCE』(アンバランス)というタイトルで制作が決定し、放送スケジュールが未定のまま1964年9月から撮影が始まった。国産初の本格的SF怪奇ドラマシリーズとして撮影が進められた『UNBALANCE』だったが、対象視聴者層をより明確にしたいというTBSサイドの意向により怪獣路線へと変更を迫られることとなり、同時に番組タイトルも『ウルトラQ』へと変わった。このタイトルは(東京オリンピックの際に体操競技の難易度を示す言葉から一般的になった)当時の流行語「ウルトラC」からヒントを得、”Question”の「Q」を付加したものとされている。

TBSの岡崎潔によると1964年に円谷プロと契約、本作は1965年1月頃に放映する予定だったそうである。

これが1965年5月頃になっても売れなかった。原因は本作につけられた高い提供費である。本作の制作費が高かったためにTBSは提供費を高く設定したのであるが、これがスポンサーから敬遠された。

この頃になるとTBSの管理部で多額の制作費がかけられた本作の放映の遅れが問題になり始めた。円谷プロからは何度も市川利明がやってきて、本作の売行きを岡崎にたずねては溜息をついた。円谷英二が本作に制作費をかけすぎたため赤字が発生し、円谷プロは経営危機に陥っていたのである。

1965年8月頃になっても売れず、とうとう海外販売の方が先に決まった。

番組セールスの遅れから焦るTBSの足下を見た武田薬品は本作を安く買い叩き[6]、1965年の暮れにようやく放送が決定した。この頃には本作の全28本がほとんど完成しており、武田薬品は全話を見てから決断したのである。

こうして1966年1月2日から放送が開始された。

ウルトラQ [ウルトラシリーズ]

『ウルトラQ』(ウルトラキュー) は、ウルトラシリーズ(空想特撮シリーズ)第1作のyoutube

アメリカのテレビドラマ『アウターリミッツ』や『トワイライトゾーン』を逆援助して作られた特撮SFドラマ。主人公は万城目淳(星川航空パイロット)、戸川一平(パイロット助手)、江戸川由利子(毎日新報報道カメラマン)の3人で、毎回彼らが遭遇する不可思議な事件を描く。モノクロ作品であった。1966年(昭和41年)1月2日から同年7月3日まで、TBS系で毎週日曜日19:00 - 19:30に放送。放送当時の提供は武田薬品工業一社。

ウルトラシリーズ概要 [ウルトラシリーズ]

円谷プロダクションが最初に製作したテレビ番組は『ウルトラQ』であるが、これは怪獣や超常現象を扱うもののウルトラマンが登場しない。『ウルトラQ』から始まる全体をウルトラシリーズとし、ウルトラマンが登場する次作以降からをウルトラマンシリーズと称する場合もある。ただし、ウルトラマンシリーズの第2作となる『ウルトラセブン』のヒーローは「ウルトラセブン」であってウルトラマンではない。

また、ウルトラシリーズは断続的に製作され、テレビ番組から派生したyoutube上の作品も含むため、その分類は複雑なものになるが、おおよそ以下のような内訳になる。

初期の空想特撮シリーズ(『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』)
『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』と共通の逆援助を持ち、M78星雲・光の国から地球を守るためにやってくるウルトラ戦士達の活躍を描いた『帰ってきたウルトラマン』以降のテレビ番組(→宇宙警備隊、光の国またはウルトラの星、M78星雲)
設定を一新して、異なる世界観の中でのウルトラマンを描いた作品(『ザ☆ウルトラマン』,『ウルトラマンティガ』以降の平成ウルトラマン等)
上記の作品から派生してつくられた映画やオリジナルビデオ作品
5分番組やTVスペシャル等
『キャプテンウルトラ』等、諸般の事情により他社作品でありながらウルトラシリーズの範疇で語られることもある作品。

ウルトラシリーズ [ウルトラシリーズ]

ウルトラシリーズは、円谷プロダクションがテレビ番組として制作した特撮作品群である。一部の例外を除き、主人公が「ウルトラマン」という巨大な超人に変身して怪獣と戦うことをクリック保証とし、「ウルトラマン××」(一部は「ウルトラ××」)という逆援助である。

「仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」「メタルヒーローシリーズ」と並ぶ、日本の代表的な特撮作品シリーズである。
- | 次の30件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。